音楽

Suchimos - STAY TUNE|都会的なミネアポリス・ファンクチューン

2017年4月16日

Suchimos LOVE & VISE

 

Suchimos - STAY TUNE

Suchimos - STAY TUNE

プリンスが好きな人なら Suchimosの音がミネアポリスファンク風だということは一聴してわかるだろう。ソウルフルでグルーヴィーなサウンドの裏で響く無機質な声が、プリンスの「Annie Christian」を思わせる。

ブンブンうなるベースに弾け飛ぶようなバスドラとスネアの音

フロー感のあるエレピの音、後半のたたみかけるようなハードで激しい展開はプリンスの名作「レインボウ・チルドレン」を連想させる。

ミネアポリスのアーティスト MINT CONDITIONといってもいい。

わかりやすく彼らの作品にMINT CONDITIONというEP作品もある。

[amazonjs asin="B01EP66EOU" locale="JP" title="MINT CONDITION"]

 

こちらはミネアポリスのMINT CONDITION

[amazonjs asin="B000007OIP" locale="JP" title="Collection: 1991-1998"]

 

Suchimos プロフィール

2013年1月結成。ROCK、JAZZ、HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされたSuchmos。メンバー全員神奈川育ち。Vo.YONCEは湘南・茅ヶ崎生まれ、レペゼン茅ヶ崎。都内ライブハウス、神奈川・湘南のイベントを中心に活動。

バンド名の由来は、スキャットのパイオニア、ルイ・アームストロングの愛称サッチモからパイオニアとなるべく引用。

普段からバイブスを共有していた、YONCE(Vo)、HSU(Ba)、OK(Dr)、TAIKING(Gt)、KCEE(Dj)、TAIHEI(Key)の6人グループ。

(出展:Suchimos公式サイト)

Suchimos - LOVE & VISE

01. STAY TUNE

冒頭でも紹介したミネアポリス・ファンクを思わせる軽快で都会的なサウンド

02. FACE

プリンスでいうなら「Muse 2 The Pharaoh
落ち着きのあるあやしい空気が漂う曲
うっとりする。

03. BODY

ミドルテンポの良曲
ぐいぐいSuchimosの世界観に引き込まれる。
後半のピアノとギターのまどろみ具合が最高

04. S.G.S.2

STAY TUNEの後半のJAMが続くかのようなアップテンポのノリのいい曲。
トリッキーな演奏が楽しめる。

[amazonjs asin="B01A52X58G" locale="JP" title="LOVE&VICE"]

 

2nd ALBUM 「THE KIDS」

アルバムももちろん必聴ですよ。

[amazonjs asin="B01N3XTVVV" locale="JP" title="THE KIDS(通常盤)"]

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shinji

食べることや旅が好き。インドア活動も好き。なによりインターネットが好き。 デザイナーを辞めて自分でメディア運営を始めて数年で自由な生活が手に入りました。 WEBメディア運営 / クリエイター(音楽・イラスト・書) 資格:ネットショップ実務士レベル1・基礎心理カウンセラー

-音楽

© 2021 Yoake Travel Blog