PRINCE 東京 音楽

プリンスが好んで飲んだ「ストロベリーダイキリ」を飲みにハードロックカフェ東京へ 六本木

2019年3月5日

プリンスが好んで飲んだ「ストロベリーダイキリ」を飲みにハードロックカフェ東京へ

最近発売された「プリンスと日本」の78ページに「プリンスが愛したストロベリーダイキリ」という興味深い内容がある。
プリンスがエマンシペイション発売のプロモーション来日時に六本木にあるハードロックカフェにお忍びで立ち寄り、ストロベリーダイキリをオーダーしたというエピソードだ。
これを読んで是非とも一度行ってみたいと思ったので実際に行ってきました。

 

ハードロックカフェ東京(六本木)

地下鉄大江戸線「西新宿五丁目駅」にホテルを取っていたので、六本木まで地下鉄一本で六本木まで行けるのはよかったです。

【東京】アパホテル&リゾート西新宿5丁目駅タワーに宿泊 プール付き

続きを見る

大体の場所は覚えていたけどgoogleマップを頼りに迷うことなくハードロックカフェ東京へ到着。

店内に入って店員さんに「プリンスのギターが見える席には座れますか?」と言うと今日はダメとのこと。
でも見るのは自由だそうだ。
ギターが展示されてある場所(ハードロックカフェの2階席)を聞いてテーブルに着いた。

この日は一人で行ったのでメニュを選ぶときに困ってしまった。
なにせ全部アメリカンサイズだから。
ハードロックカフェは数人で行っていろいろ食事するのがいい。

ということでボリュームたっぷりのチキンサラダにした。
これだけでお腹いっぱい。
飲み物はインドの青鬼のクラフトビールがあったのでそれを注文。
気になるのはあれだ。

プリンスが愛したストロベリーダイキリはあるのか?!ってことだ。
フードが運ばれてくる前にクラウドギターと対面するために2階席に行った。

 

ハードロックカフェ東京 プリンスのクラウドギター

2階席は二つに分かれており、そのひとつ側にプリンスのクラウドギターが展示されていた。
このクラウドギターはプリンスが直々にお店に寄贈したプリンスの手垢のついたギターなのだ。
クラウドギターが展示されていることは知っていたのだが、それ自体はさほど興味がなかったけど、このエピソードを読んですごく行きたくなってしまい足を運んだというわけです。
心の中で1996年の11月まで思いを巻き戻し、もしかしたらプリンスはここに座ったのかなぁなんて思いました。

どんなエピソードかは詳しくは「プリンスと日本」の78ページを是非読んでみてほしい。

[amazonjs asin="4401646096" locale="JP" title="プリンスと日本 4EVER IN MY LIFE"]

プリンスの横にはマイケルの写真と衣装が展示してありました。
この世にはもういない二人のスーパースターが並んでいると、なんとも言えない気持ちになってしまいました。

1階で食事をしていると2階席に何人か上がってきました。
誰か知らないけどたぶん有名な人なんだろうなぁ。
混雑しないうちにゆっくりプリンスのクラウドギターとご対面できて良かった。

ちなみに当時のプリンスはこんな感じです。

Prince - Betcha By Golly Wow!

 

プリンスが愛したストロベリーダイキリ STRAWBERRY DAIQUIRI

プリンスが愛したストロベリーダイキリは飲めるのだろうか?

ドリンクメニューを見てみると、ありました!ストロベリーダイキリ!

その上の「GET YOUR FRUIT ON」という文字もにくいです。
プリンスのファンならご存知、エマンシペイションには「GET YO GROOVE ON」という曲があるのです。

[amazonjs asin="B000064TLW" locale="JP" title="イマンシペイション"]

ストロベリーの甘酸っぱい酸味がとてもおいしくて、ほとんどアルコールを感じないフローズンカクテルでした。
こんなかわいいカクテルを好きになって何杯も飲むプリンス(ノンアルコールのもの)、本当にキュートな人ですね。
これを飲むためだけに、ここにまた来たいと思いました。

『プリンスと日本』レビュー「プリンスの全盛期は明日です」 って、泣ける

続きを見る

ハードロックカフェ京都 プリンスのタンバリンと味噌わさびバーガー

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shinji

食べることや旅が好き。インドア活動も好き。なによりインターネットが好き。 デザイナーを辞めて自分でメディア運営を始めて数年で自由な生活が手に入りました。 WEBメディア運営 / クリエイター(音楽・イラスト・書) 資格:ネットショップ実務士レベル1・基礎心理カウンセラー

-PRINCE, 東京, 音楽

© 2020 Yoake Travel Blog