グルメ タイ旅行 バンコク旅行

バンコクのカオサンロード 屋台でパッタイやココナッツアイスを食べた!

2018年7月30日

バンコクのカオサンロード

バンコクのカオサンロードは一昔前はバックパッカーの聖地なんて言われていたけど、今でもバックパッカーはそこそこいます。

国籍も多様です。

来るとやっぱりワクワクしますね。

カオサンロードは飲食店、マッサージ、雑貨衣糧店、屋台、クラブなどが立ち並んでいます。

カオサンに来た!って感じのカオサンロード。

タイのイメージになっている「トゥクトゥク」が並んでいます。小型オート三輪。

そういえばまだ乗ったことはないです。

外国人料金をふっかけられて来るので、値段交渉は必須。

あくどい運転手だと、バックマージンの入るお店に案内しようとしたり、どこに連れて行かれるかわからないっていうのもデメリットとしてある。

親切な運転手もいると思うけど。

マンゴーだ!!

カオサンは果物などは安くはないので、欲しければ割り切って買いましょう。

もっとローカルな屋台で買うと安いです。もち米とマンゴーは屋台では50バーツで買えますよ。

これはワット・ポーに行く途中で買ったパイナップル

ノド乾いてたし水分・糖分補給にもなってよかった。でもね、はじめは100バーツってふっかけて来たの、5個入りを。「TOO MUCH!!」って言ったら1個20バーツで売ってくれた。

値段をふっかけるってある意味挨拶代りみたいなものですね。
そういうのも楽しんじゃいます。

というわけで、ちょっと外れの屋台で買うとフルーツは安いです。

 

カオサンロードはアジアン雑貨天国

カオサンロードはアジアン雑貨天国です。
いたるところにお店があります。

値段は高めだったりするので、その都度値段交渉して安くしてもらいましょう。
本当にたくさんのショップがあるので目移りしちゃうし、あっという間に時間が過ぎます。

衝動買いしたガネーシャのタンクトップ!

 

ココナッツアイス 50バーツ

ココナッツアイスの屋台があったので食べてみました。

前にタイに来た時もおいしすぎて超お気に入りでした。

チョコレートソースをかけてもらいました。

仕事が終わったらマイポジションに戻る屋台の男性。

タイのマイペースさは本当にいいですね。大きめのショッピングモールに行っても、衣料店なのにお店でご飯食べてたり自由さがいいです。

ココナッツアイス、あっさり甘くて量が多いけどペロッと食べあげてしまいます!
バンコクに来たら是非食べてみてください。

 

ランブトリ通り(Rambuttri Rd)

カオサンの裏側にあるランブトリ通り(Rambuttri Rd)

ランブトリ通り(Rambuttri Rd)のパッタイ屋台

の屋台、絶対うまそう!!!

ってことで食べてみました。パッタイの専門屋台のようです。

  • ベジタブルパッタイ 30バーツ
  • エッブパッタイ 35バーツ
  • チキンパッタイ 50バーツ
  • えびパッタイ 60バーツ

めちゃ安い!お味はどうかな?

チキンを食べたかったので、チキンパッタイを注文!

目の前で調理が観れるのは屋台のいいところ

美味しそう!!

バナナシェイク(30バーツ)も注文してみましたよ。めっちゃボリュームある!

食べても食べても減らない量・・・でも、すごくおいしい!!

なんとか完食しました!!

ひとり旅のつらいところは食事です。特に私は小食なのであれこれ食べることができない。二人とかだったら数品食べることができますね!

カオサン通りなどのバンコクの3箇所で露天商が禁止になるらしいので、また通りの様子が変わってしまっているかもしれません。ちょっと残念ですね。

 

カオサンロードよりチャオプラヤー川の方の通りに入ると少し人も落ち着いています。
今回はそちらのエリアのホテルにいくつか宿泊してみました。

ホテルのレビューはまた後日に更新します。

 

 

カオサン通りで朝食を タイ・バンコク旅行記

 

ドンムアン→アユタヤ ドンムアン空港から国鉄ドンムアン駅の行き方がめちゃくちゃ難しいので説明する タイ・アユタヤ旅行

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shinji

食べることや旅が好き。インドア活動も好き。なによりインターネットが好き。 デザイナーを辞めて自分でメディア運営を始めて数年で自由な生活が手に入りました。 WEBメディア運営 / クリエイター(音楽・イラスト・書) 資格:ネットショップ実務士レベル1・基礎心理カウンセラー

-グルメ, タイ旅行, バンコク旅行

© 2020 Yoake Travel Blog